放射性物質・放射能・放射線の違い

放射性物質とは放射能を持つ物質の総称で、ウラン、プルトニウム、トリウムのような放射性元素もしくは放射性同位体、外部からの放射線にさらされることにより核反応を起こし放射性同位体となった(放射化された)物質を指す。放射能とは放射線を出す能力のこと。

放射能漏れとは、放射性物質が外に出ること。

メモ
・放射線の強さは距離の二乗に反比例する。10kmと20kmでは4倍弱くなる。
・小さな微粒子に放射性物質が付着し風に乗って飛んでくる。花粉と同じような感じ。なので花粉対策と同じで肌の露出を抑る、マスク着用、手洗いなど。
・西日本は60ヘルツ、東日本は50ヘルツ。何故?→電気を導入する際、西日本はアメリカ式、東日本はドイツ式を採用したために違う。


This entry was posted in 思ったこと and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>