償却資産・経費について

10万円以上のものでも、30万円までのものなら経費になる。
その条件は「300万円」までで、決算書には「少額減価償却資産の取得価格の損金算入の特例に関する明細書」に記載すること。

例えば、年間で20万円のパソコンを15台購入しても合計金額300万円なので全額経費扱いとなるが明細書に明記する必要がある。

年間で20万円のパソコン10台と、20万円の棚を10台購入したとすると合計金額400万円となるので、オーバーした100万円分のパソコンまたは棚は償却資産の対象となる。

P.S.
建物のリフォームなどに掛かった費用は定額法15年償却となる。
15年以内に引っ越した場合等は、その時全額償却できる。
言われてみればその通りだ。


This entry was posted in 会社設立・仕事関連 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>