EXCELでCSVファイルを高速に読み込むには

ファイルサイズの大きいCSVファイルの読み込みの遅さがExcelの弱点のひとつ。多少、手間はかかるかもしれないが下記のような手順で開くと、びっくりするくらい速く開くことができる。
(ネットショップ等の大きなCSVデータを編集するとき本当に重宝する。)

●操作手順●
(1)対象のCSVファイルの拡張子を「.txt」や「.dat」などに変更する。

(2)拡張子を変更したファイルを、Excelで開く。
すると、[テキストファイルウィザード]が表示される。
CSVファイルをそのまま選択した際には、このウィザードは
決して表示されない。

(3)元のデータの形式を、[カンマやタブなどの区切り文字によって
フィールドごとに区切られたデータ(D)]に設定し、[OK]を押す。

(4)列を区切る区切り文字を設定し、[OK]を押す。
CSVファイルの場合には、当然、カンマ(C)にチェックを入れる。

(5)次に、[列のデータ形式]を、列ごとに設定していく。
ここでは、全ての列のデータ形式を[文字列(T)]に設定する。
設定が終わったら、[完了(F)]ボタンを押す。

●補足説明●
上記の方法で開いた場合、全列のデータが文字列に設定されてしまう。
これを数値データに戻す際には、

(1)何も入力されていないセルをコピーする

(2)数値に変換したい部分を選択する

(3)[編集(E)]のメニューから[形式を選択して貼り付け(S)を選択し、
「貼り付け」のオプションからは[すべて]を選択し、
「演算」のオプションからは[加算]を選択して[OK]を押す。


This entry was posted in テクニック and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>